毛って、身を守るためにあるのでは?という疑問

体毛は身を守るためにあるのではなく、ホルモンバランスによってその量が決まるものなので無くても特に問題はないです。実際に、男性ホルモンの少ない人は男性や女性を問わずに髪の毛以外の体毛はほとんど生えてきません。特に必要の無いものだから生えてこないのです。
人間の体毛は、男性ホルモンが多い人ほど活発に生えてきます。男性ホルモンのバランスを変えるためには女性ホルモンを体内に入れて体内からバランスを変えないといけなくなるため、負担のかかる改善作業になってしまいます。
しかし、脱毛の処理をすることによって人間の身体に対する負担はほとんどありません。脱毛作業は、表面に見えている体毛を処理するだけなので、体質そのものを変化させることには繋がらないからです。レーザー治療などによって脱毛処理を行うと半永久的に体毛を生えてこなくさせることが可能になりますが、これは体毛の細胞を破壊しているだけなので体質を変えているわけではありません。人間の体毛の成長周期を予測して、その周期にあわせた特殊な脱毛処理をすることで長期的な脱毛効果を期待することが可能になるのです。実際に、こうしたレーザー治療では医療機器を使うことになるため、医学的にも効果が実証されています。
このように、体毛は守るためにあるのではなく医学的にも処理して全く問題ないものとわかっているのです。