車高関連のパーツはハナテンでの車査定の評価に響く

オーナーが車を自分なりにカスタマイズすることはよくあることですが、車高調整などをしてある場合にハナテンでは買い取り額が低くなることがあります。
車高調整とは、重心を下げることで安定性を得るためにダウンサスなどで高を下げることが役目であり、レーシングカーなどがその発端で、市販車でもパワーの大きな軽量のスポーツカーなどでその役目を果たすことはあるのですが、重心と共に空気抵抗や気流を考えて計算されて高速安定性を高めることが目的となります。
さらにはオフロードマニアなどが車の高さを上げていることがありますが、この場合車の高さだけではなくタイヤが大型のもの変えられており、そのためシャーシや足回りを構成する部品のすべてが改造されていることがあります。
このようなオフロード走行を目的とした車を所有する人ではオフロード走行を実際に楽しむという人もおられます。
しかし近年ではドレスアップの側面が高くなり、セダンタイプの車でもエアロパーツを組み車体を下げる人も見られ、このようなことは若い世代で中古車の高級セダンを購入する人に多く見られがちです。
従来ではシャコタンとかローダウンなどと言っていましたが、ハナテンに車査定に持ち込めば著しく評価が低くなることがあります。
これは販路が狭くなることと、安全走行に問題があるという点で評価が低くなるのです。