若いうちに家を買ってよかった

aufmwlo4子供が3歳になり、僕の仕事もいよいよ落ち着きができたのでそろそろ家かマンションを買おうかという話になりました。
今の毎月の家賃+ちょっと程度を35年払えば一生住める家が手に入るのなら、今より給料は上がって行くはずだし大丈夫だろうというのがきっかけです。
何より子供が小学生になるまでには定住先というか『故郷』を作ってあげたかったという思いがありました。
ちょうどその頃、それまで住んでいた街で大型のマンションが売りに出されていたので見学に行きました。
街の雰囲気は既に知っていたのでマンションを見てすぐここにしようと決めました。
支払いはもちろんローンを考えていましたので、銀行探しをすることにしました。
マンションの営業さんがいくつかよく利用される銀行を紹介してくれましたので、そこに話を聞きに行くことにしました。
銀行では銀行員さんが住宅ローンについて詳しく教えてくれました。
まず金利も今は非常に安く、最近の金利の変動を見ている限りは変動金利がお勧めだということと、万が一の場合の保証について教えてもらいました。
当初私達はボーナス払いも考えていたのですが、銀行さんの話を聞いてボーナス払いは基本無しで返していって、余裕がある時にだけ繰り上げ返済していった方がいいということになりました。
仮審査から本審査、そして契約までは提携ローンでしたので非常にスムーズに行きました。
書類のほとんどはマンションの営業さんが用意してくれましたし、記入の仕方もその場で教えてもらいながらできました。
若いうちにマンションを購入できたので、定年までには支払いが終わりそうで安心です。