外国人がキャッシングを利用するために必要なこととは

外国人でも日本の金融機関でキャッシングを利用することはできます。しかし、それは日本人が利用するよりも少しハードルが高くなっています。まず、第一に日本で働いて暮らしていることです。日本人でも無職の人はキャッシングを利用することはできません。同様に、外国人でも無収入の人は利用することはできません。しかし、収入があるからといっても、海外で働いていてはダメです。収入の確認ができないからです。源泉徴収票の提出が求められます。また、日本で暮らしていなければいつ海外に戻ってしまうかもわかりません。返済前に母国に戻られてしまっては取り立てもできないからです。それを証明するものとして、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書の提出が求められます。これらは中長期の滞在者に発行されるものだからです。ここまでは日本人でも所得を証明する書類や運転免許証などの身分証明書と解することができます。最大の難関は申込書です。これは日本語で書かれています。書面でもインターネットでも同様です。ということは日本語で記入しなければなりません。つまり、日本人並みに日本語を理解する能力がなければならないということです。店頭で通訳を伴って行っても断られるケースがあります。つまり自分自身で申し込まなければならないのです。これらをクリアすれば日本人と同様にキャッシングを利用することができます。