ラビットでの車査定で値引きされる場合とは

中古車の市場では毎日のように車種や年式、走行距離などによって自動車の価値が変動することになります。基本的な買取り額の目安というものが用意されているものですが、中古車の場合では、できるだけ早い段階で売却することによって、高価買取りを実現できる可能性が上がることになります。全国的に有名な中古車買取りを行っている業者にはラビットというものがありますが、この店舗では基本的に殆どの車種について高価買取りを行っていることでも知られています。しかし、実際に自動車を売却する場面では、常に状態を把握することも必要とされていて、場合によってはラビットであっても車査定で値引きされてしまうケースもあります。では、どのような状態で値引きされてしまうかと言えば、例えばバッテリーなどがあります。長い期間を放置してしまった自動車の場合では、バッテリーが消耗してしまい、エンジンが掛からない状態に陥っている可能性を持っています。この場合では、新しいバッテリーに交換しておくことも良い方法です。他にはボディに目立つような傷が多く付いている自動車になります。現在では中古車と言っても美品を求める方が多い傾向にあるために、あまりに傷の多い自動車の場合では、高い査定が困難になってしまう場合もあります。

車高関連のパーツはハナテンでの車査定の評価に響く

オーナーが車を自分なりにカスタマイズすることはよくあることですが、車高調整などをしてある場合にハナテンでは買い取り額が低くなることがあります。
車高調整とは、重心を下げることで安定性を得るためにダウンサスなどで高を下げることが役目であり、レーシングカーなどがその発端で、市販車でもパワーの大きな軽量のスポーツカーなどでその役目を果たすことはあるのですが、重心と共に空気抵抗や気流を考えて計算されて高速安定性を高めることが目的となります。
さらにはオフロードマニアなどが車の高さを上げていることがありますが、この場合車の高さだけではなくタイヤが大型のもの変えられており、そのためシャーシや足回りを構成する部品のすべてが改造されていることがあります。
このようなオフロード走行を目的とした車を所有する人ではオフロード走行を実際に楽しむという人もおられます。
しかし近年ではドレスアップの側面が高くなり、セダンタイプの車でもエアロパーツを組み車体を下げる人も見られ、このようなことは若い世代で中古車の高級セダンを購入する人に多く見られがちです。
従来ではシャコタンとかローダウンなどと言っていましたが、ハナテンに車査定に持ち込めば著しく評価が低くなることがあります。
これは販路が狭くなることと、安全走行に問題があるという点で評価が低くなるのです。