SIMフリー端末の確認方法と解除方法

携帯各社が販売するスマートフォンは一部の機種を除き全てにSIMロックが施されていますので、そのままでは別の事業者が提供するSIMカードは利用できないのが基本です。現状では多くの機種に対して有料でSIMロック解除が行われていますが、基本的に携帯各社の端末ではSIMロックが掛けられていることになります。携帯各社以外で購入できるSIMフリー端末は最初からSIMロックは行われていませんので、自由にSIMカードを選んで使用できます。SIMフリーの確認方法は別の事業者のSIMカードを差し込むことで簡単に確認できます。SIMロックが施されていれば別の事業者のSIMカードは使用できませんが、ロックが解除されていればほとんどの事業者が提供するSIMカードを使用することが可能です。見た目では確認方法はありませんので、通信できるかどうか確認することになります。一方で携帯各社がすべての機種のSIMロックを解除したとしても、それぞれに対応する周波数が異なりますので、別の事業者のSIMカードを挿入しても対応していないエリアが出てくるなどデメリットが多くなってしまいます。SIMフリー機はそもそもロックがされていないため、別の事業者のSIMカードも自由に使用することが可能です。

外国人がキャッシングを利用するために必要なこととは

外国人でも日本の金融機関でキャッシングを利用することはできます。しかし、それは日本人が利用するよりも少しハードルが高くなっています。まず、第一に日本で働いて暮らしていることです。日本人でも無職の人はキャッシングを利用することはできません。同様に、外国人でも無収入の人は利用することはできません。しかし、収入があるからといっても、海外で働いていてはダメです。収入の確認ができないからです。源泉徴収票の提出が求められます。また、日本で暮らしていなければいつ海外に戻ってしまうかもわかりません。返済前に母国に戻られてしまっては取り立てもできないからです。それを証明するものとして、外国人登録証明書、在留カード、特別永住者証明書の提出が求められます。これらは中長期の滞在者に発行されるものだからです。ここまでは日本人でも所得を証明する書類や運転免許証などの身分証明書と解することができます。最大の難関は申込書です。これは日本語で書かれています。書面でもインターネットでも同様です。ということは日本語で記入しなければなりません。つまり、日本人並みに日本語を理解する能力がなければならないということです。店頭で通訳を伴って行っても断られるケースがあります。つまり自分自身で申し込まなければならないのです。これらをクリアすれば日本人と同様にキャッシングを利用することができます。